« 新感覚 | トップページ | 社員と契約社員 »

その無人島の条件にもよると思うんだ

コネタマ参加中: 無人島に一つだけ持って行けるとしたら、何?

島に動物はいるのか…とか

あと食べられそうな草とか果物が生っているのか…とかね

無人島と言っても、森じゃなくて、砂漠のような島だということも考えられる

一概に無人島と言っても色んな種類があるし、その中で必要になってくるものもまた変わってくると思うんだけど……

まぁ、そんなこと言ってても始まらないので、真面目に答えて見ますか(`・ω・´)

せっかくコネタマから拾ってきたネタだし……

まず候補にあげるなら

・サバイバルナイフ

・ロープ

・寝袋

・鍋

・本

・梅干

このくらいですかね(まて、最後のは何故…

サバイバルナイフはやっぱりその島に住む動物と戦ったり、料理したりするときに使えると考えられますが…

ぶっちゃけ元々動物と戦う訓練を受けてる訳じゃないので、ガチバトルは危険

夕飯にするつもりが、自分が動物の夕ご飯になりかねません

料理なんかは島にあるであろう尖った石とかでもできる気がするので、必ずしも必要なものではありませんね

次にロープ

着てるものとか洗った時に干したり、魚とか吊り下げて天日干しして日持ちするものを作ることもできるし、何より獲物を罠にかけて絞めることも可能です(何気に怖いこと言うな

まぁでも前述したとおり、何の訓練も受けずに獲物に挑むのは無謀以外の何者でも無いので、これも却下ですね

あと色々割愛するけど(すんな)、やっぱ必要なものって言ったら自分的には【梅干】です

何故って思うでしょう?

それはね…喀血病予防のためです

無人島ってだけで、野菜不足になるのは否めません

しかしながら、野菜は日持ちしないので、これを持ってったところですぐ腐って、ダメになってしまいます

島の果物を食べることはできるでしょうが、ビタミンCが必ず摂れる補償は無い

甘い果物しか生ってない可能性が高いです

山菜なども採れる確率は低いでしょう

というか、仮に山菜が採れたとして、野生の山菜は灰汁が強いため、一度火を通さないととても食べられたものではありません

よって、野菜からビタミンCを摂るのは事実上不可能に近いです

肉などはその辺にある岩とか木の蔓とか使って罠を仕掛ければ獲物を仕留められる可能性があるので、これはその辺りから調達すればいいでしょう

やっぱり長期滞在となると、ビタミンC不足による喀血病が一番の宿敵だと思うのです

梅干はビタミンCを補給できるだけでなく、紫蘇は身体にもいいですし、何より梅干は日持ちするものです

ビンの中に入れてしっかり蓋をし、土の中にでも埋めておけば自然の冷蔵庫のできあがりです

それに梅干は熟成させればさせるほど栄養価も高まり、古くは数百年前の梅干まであるそうなので、腐る心配が無いのが一番の利点ですね

そんな訳で、何だか物凄くサバイバル生活になりそうですが、私は無人島に行くとしたら【梅干】を持って行きます

…それ以前に、まず無人島に行く意味がわかりませんが(コラコラ

私は日差しが苦手なので、まず無人島に行くことはないでしょうな~

まぁ、今回はあくまで“仮定の中の話”ってコトで…

|

« 新感覚 | トップページ | 社員と契約社員 »

日記」カテゴリの記事

コメント

私ならサバイバルナイフor鉈で確定です。


ナイフそのもので動物と戦うというより、ナイフで木を削ってトラップを作ったり、穴を掘るのにも使ったり。もちろん料理にも使えます。
植物があるという前提なら、ナイフがあればかなりの物が作れます。ロープだって、蔓やら何やらから気合で作れます。

鉈の利点はナイフのような細かな作業にはやや不向きでも、枝をはらうことができる点。
道を開拓したり、ちょっとした小屋を作るようなときに便利です。

野生の植物ですが、意外に灰汁抜きしなくても食べられる物は多いですよ。
シダ類はあくが強い物が多いですが、その中でもコゴミは灰汁抜きがなくても食べられます。
あと、ぜんまいも灰汁抜きがなくてもいけるみたいです。
まぁ、生食での味は「お察し」レベルかと思いますが^^;

クローバーは生でも美味しく食べられます。クローバーは年間通してほぼ採取可能ですしね。(おなか一杯食べるとなると難しいけど)
極端な話、毒のある物さえ食べなければなんとかなる!!と思ってます。

無人「島」ですから、すぐそばが海ですし…塩は自分で製造可能なので、肉なり野菜なりは塩漬けできますね。気合があれば燻製も。
あと、魚とか海草とか取れそう。


道具より、知識とか気合の方が大事なんだなーと思いました。

投稿: elve | 2009年7月 2日 (木) 12時39分

≫elveさん

確かに、ある意味道具より知識の方が大事かもしれませんね
食べられる物かどうか、毒が無いかどうかは道具ではわかりませんし…

知識と気合さえあれば、意外と何処ででも暮らせそうな気がしないでもないですね(`・ω・´)

投稿: 緑水 | 2009年7月 4日 (土) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新感覚 | トップページ | 社員と契約社員 »