« とりあえず紅葉イベントは堪能いたしました | トップページ | あー…確かに最近寝る時間とか不規則だったからねぇ »

最近あんまり鍛えてないなぁ…

うん…卒論とか卒論とか卒論とかバイトとか(ぁ)色々あってあまりキャラ育成に真剣になっていない緑水です、こんばんわ(挨拶

あまつさえ最近では他のサーバーにキャラを作ろうかと模索中ですよ(つ∀`)アハハ

んにゃ~…多分新しいサーバーが出来たらキャラ作るかもしれん…(´・ω・`)

それにしても掲示板の有名人とかにリアルタイムで会ってみたいものである(何

まぁ、それはスルーするとして(ぇ

この前マビに投稿したショットでも投稿しておきますよ

トリャッ!!!( ゜Д゜)ノ ⌒ 。

ついでにお話も書き込んでやるぜこのやろう!!!(ヤケ!!?

==========================

Mabinogi_2007_002

「この国の月は、一つしか無いんだ…私の故郷とは違う……」

そう呟くのは一人の少女
赤き月をただぼんやりと見つめている
ここではない、どこか遠くを見つめ、彼女は身体をぶるりと振るわせた

「ここは…怖い。そして…寒い」

自らの身体をしっかりと抱きしめ、彼女はそっと呟いた

「族長…ここは怖いよ…
 私は、どうすればいいのかな…
 一つの街にずっと留まるのが嫌でフィリアを飛び出して来たけれど
 ここに馴染めるとは到底思えない……」

エルフの少女は、再び赤い月を見上げた

赤い光を発している月
柔らかな光ではなく、おぞましい魔力を放つ月…

それは恐ろしい輝きであったけれど、少女には赤い月が泣いているように見えた

彼女の故郷で見る月は二つ…

一つはここ、ウルラ大陸と同じ赤い光を放つ月
一つは、赤い月を宥めるように白く輝く銀の月……

ウルラ大陸では赤い月を宥める銀の月が見えない
だから強い魔力に畏怖を感じてしまうのだろう

…だが、人の町に立ち寄った時、彼らは月を怖れている様子はなかったが

「結局、人とエルフは違うってことなのかも知れないね
 私は人間のことがわからないし、人間も私のことがわからない
 永遠に…わかりあうことはできない種族
 それは、私達エルフとジャイアントの関係に近いものがあるのかもしれないな」

彼女は微笑んだ
赤い月の光を浴びたその横顔には、自嘲の笑みが浮かんでいる

「遠い昔、戦争があった…
 他のエルフは忘れていても、私は覚えている
 この血に、この身体に焼き付いている。その時の記憶が…
 たくさんのエルフが死んだ、たくさんのジャイアントが死んだ
 たくさんの……人が、死んだ……
 過ちを繰り返したくない。だから族長の制止を振り切って外に出てきたのに……
 結局私は、ただの世間知らずだったんだ……」

彼女はそっと、赤い月から視線を外す
その横顔には先程の笑みはなく、ただ真摯な眼差しだけがそこにあった

「イリアに帰ろう。今の私では知識も、経験も不足している
 フィリアで、もう一度修行しよう
 人間をよく知るためにも、私はもっと強くならないといけない
 ……特に、精神と心を鍛えないと
 そして、時が来れば…ジャイアントとわかりあえる道に気づくかもしれない
 対立するだけじゃない…共に共存する道が見つかるかもしれない
 その方法に気づくためにも、私はもっと強くならないと……」


その後、イリア大陸に戻った彼女は族長であるカスタネアから
厳しい言葉を投げかけられた
しかし優しさのにじみ出たその暖かい言葉は、少女の胸に深く響いた
アトラタとメレスにも心配をかけたようで、二人に顔を見せに行ったときには
泣かれたほどであった
ヘーゲルとレプスはいつもどおり優しい笑顔で迎え入れてくれた
グラニテスからは小言を言われ、頭を軽く叩かれたが
彼もやはり自分の身を案じてくれていたのだと後にアトラタから聞かされ
いつも飄々としている彼の意外な一面を見つけたような気がした


一陣の風が吹いた…
コンヌース砂漠の風を切って、一つの影が砂漠を横断している
黒い翼を持つイーグル…その背に乗っているのは、あのエルフの少女……

「リュクセル速いねぇ~♪
 あっと言う間に砂漠の端だよ?
 私が歩いた時は一週間もかかったのに……凄いねぇ」
『むしろ一週間で砂漠を歩いたって方が凄いと私は思う』
「そうかなぁ…?
 小さい頃から砂漠を遊び場にしてたら誰でもできることだと思うけど…」
『それは緑水だけだ。そもそも砂漠を遊び場にする方がおかしい
 大体子どもの頃なんて村から出してもらえないはずだろう?
 そもそも親が禁止しているだろうに…』
「言ってなかったっけ?私、両親がいないんだよ
 カスタネア族長が母親代わりとして私を育ててくれてたの
 だから…私はみんなの役にたちたい
 私が助けられて育った分、今度は私がみんなを助けて行きたいんだ」
『…………』
「だからね、今は道に迷ったエルフを見つけ出そう!!
 調査に行って戻らなかった人を救うのが今の私にできる
 精一杯の仕事なんだから」
『……了解、私の主』


私は今日も空を舞う
私にできることをするために
精神と心を強く鍛えるために……









「とはいっても、たまには気分転換しないとやってられないよね~
 むぅ~…なかなか魚って釣れないなぁ……」
『…………(こんな主について来て、本当によかったんだろうか……)』

==========================

こんな感じでマビでは初めて書いてみました(`・ω・´)ノ

文章書くの久々だったから凄く楽しかった~vv

一番最初にレスくれた人の反応を見て続けるかどうするか検討しよう、と思ってたんですね…

しかし、一番にレスくれた人はこうおっしゃいました……

「長イッス続き書かなくても・・・(ぉぃ 」

……うん、自分でも長いとは思いましたよ?

そして「読みにくい」とか「意味わかんない」とか反感が来るかもしれないとある程度の覚悟は出来てましたよ?

でもね…【多分続きません……多分】というスレ主のコメントに対し「うん、長くて読む気起きないからもう書かなくていいよ。ウザいから」みたいなニュアンスの事を正直に言いますか!!?

そんな意味で言った訳じゃないのかもしれませんが、緑水はそう受け取りました……

すっごく傷ついた…何かよく知らない人に全否定されたような感じで……

コレが知り合いなら「え~?やっぱり長すぎたかぁ…vv」くらいで済ませることもできますよ?

コメントくれる常連さんなら大体こんな返答が来ても「あ、この人は冗談で言ってるな~」っていうの、わかりますよ?

でもね…大して親しくも無い+毎回コメントくれる常連でもない人からこんなこと言われたら普通本気だと思いますね。え?みなさんは思いませんか??(´・ω・`)

気にしなければいいんだろうけど、私は凄く気になるし、凄く傷ついたからもう……ね

同じサーバーの人じゃないことがせめてもの救いですが(´-`)

コレで同じサーバーの人だったらトリアナサーバーを休止状態にして、他のサーバーに移転するところですよ(ぇ

とりあえず今年度中はもう自分からストーリー性のあるスレは立てません。もう自分の記事で傷つきたくないし、イライラもしたくないですから(´-`)

あの話の続きも書きたくないなぁ…また同じ人から嫌なコメントもらいたくないし……

まぁ、私は風景写真だけ撮ってればいいみたいですし?風景写真だけで行こうかと思いますね

あー…コレ書いててだんだんイライラしてきたー……

もう絶対マビでストーリー性のあるものは書かない、自分のサイトだけで楽しもう、うん……

流石に私のサイトにまでは来れないだろうからな!!!(`・ω・´)ハッハー!!!

このブログからもリンク貼って無いですし…来れるもんなら来てみやがれ!!!m9《゜Д゜》クワッ!!!

いやまぁ、マビの中でマリーサーバーに一人、トリアナサーバーに一人…

私のサイトのアドレスを知っている人がいますけど(ぉ

元から文才があるほうだとは思ってないけど、人が一生懸命書いたものをほぼ初対面と同じ状況にある人が何故否定するんでしょう?

あんなコメントくれるくらいならいっそ「つまらん、続く必要無し。全く興味ない」って書いてもらった方がよっぽどよかったです…

じゃぁ見るんじゃねぇよって言えるから(言うな

|

« とりあえず紅葉イベントは堪能いたしました | トップページ | あー…確かに最近寝る時間とか不規則だったからねぇ »

マビノギ」カテゴリの記事

コメント

おー、すごいな緑水さんの意外な(失礼)才能発見。続き読みたいぞこれ・・・と、あら、そんなことがあったの?
で、公式見てきました。ふむ。
たしかに最初のコメントがこれじゃ傷つくし腹も立つわ。

ただ「よく知らない人からの否定的なコメント」についてはね、私はこうも思うんだ。
緑水さん結構スレ立てとかコメントとか活発にしてますよね?ある意味有名人というか。
あのレスの人、たぶん結構緑水さんの書き込みとかよく目にしてて、その人にとっては緑水さんのことを無意識に「よく知ってる人」と錯覚してたんじゃないかなー。
当然緑水さんにとっては「知らない人」ですけどね。

なんでそんなこと思うのかというとですね、実は自分がそうだったから。
私が偶然初めて緑水さんと会ったのはデザドラ祭りの後ですが、その時倒れている緑水さんの上に座ったりとか悪ふざけしたわけですよ。
後になって、「初対面の人に対してあれはねーだろ」とかなり自己嫌悪に陥りました。考えてみたらあの失礼な行動は、前述の「錯覚」に依拠するものだったのかなと。改めましてあのときはごめんなさい。

って長々と書いて結局何が言いたいのかというと、まぁ件のレスは、第三者の私には、緑水さんが言うほど否定的なものには見えませんでしたよ、と。
気にするなと言っても無理かもしれませんが、あえて「気にするな」と言いたいです。

投稿: せすか | 2007年12月 2日 (日) 18時24分

あ、さっきの書き込みとは関係ないんだけどさ、緑水さんMabi-SNSこないの?ていうかおいでよ щ(゚Д゚щ)カモーン!

投稿: せすか | 2007年12月 2日 (日) 18時29分

以外って言われたΣ(ノ∀`)

ふむむ…何日か経って少しだけ冷静になってきましたよ(´・ω・)
私って有名人だったんですk(そこじゃないだろう
んー…確かに掲示板でよく見かける名前の人は何か知り合いってイメージが強いですねぇ…
それと同じかぁ(納得)

とりあえずあまり気にしないようにはしますさー…
でもお話はまだ更新しないけれどねぇ
うん…傷ついたどうのとか言うよりネタがなくなtt(ガッシャーン!!!
ネタ集めしたらまたいずれ書きます(`・ω・´)b
うん…きっと……多分(ぉぃ

Mabi-SNSって確かメルアド登録ありませんでしたっけ??
私普段ノートパソコンでマビしてるんですけど、それに入ってるメルアドが思いっきり本名入ってるんですよね(ぁ
叔父さんが取ってくれたアドレスなんですが……
デスクトップ(もう一つのパソコン)の方はゲーム専用のアドレスなんで、そっちを起動させることがあったら登録してみよっかなぁ…とは思っていますが……
予定は未定というもので(´・ω・`)

投稿: 緑水 | 2007年12月 2日 (日) 19時28分

│ω・`)コソーリ返シ(何

|ミ サッ (何か言えよ

│ω・`)初めまして・・・紅斬ユウキです(初めまして違ッ

私のブログにおいでいただきありがとうございましたn(。。n ペコリ
なのでさっそく!緑水さんのブログも発見してやったぜ!フハハハ!(こら
ご、ごめんなさいorz
うひ(゜∀゜)

ああ、なんか記事に関係無い事ダラダラと失礼しましたorz
実は気になってたんですよ・・・私もあのコメントはどうかと思った・・・。あれは無いだろうと。で、キレて色々書いてやろうかしら♪とか思ったですが、公式というか、たくさんの人が見てる場ですから何も書けませんでしたorz
気にするなって言っても無理ですよね。私もちょっとしたことで結構傷ついたりします・・・。なかなか立ち直れませんよね^^;
でも元気出してくださいね(´・ω・`)
ちゃんとわかってる人間も何人も居るのですから^^
例えばここに(ガシャーン!

投稿: 斬り姫たん | 2007年12月 6日 (木) 06時20分

発見されたぁぁぁぁ!!!?? Σ(・ω・ノ)ノ
むむぅ…何かマビの人には発見されやすいなぁvv
そんなに判りやすいのか…キーワードとか(ぉ

公式で色々書くと荒らしと間違われるので注意です(つд`)
うん、別にそんな気にしてないの…
ってかリアルの事情であんな事気にしてる暇無くなtt(ry
でも傷つくと長いのはホント(´・ω・)
根に持つのも長いし(ぇ

では、いつか新しく他サーバー用のID取得してキャラを作ったらマビノギの世界でお会いしましょう(何なんだ

投稿: 緑水 | 2007年12月 6日 (木) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とりあえず紅葉イベントは堪能いたしました | トップページ | あー…確かに最近寝る時間とか不規則だったからねぇ »